初心者~中級者の方のための乗馬クラブガイド【関東編】

乗馬のライセンスを取得しよう

乗馬

乗馬の上達に向けて目標となるもののひとつにライセンスがあります。公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会というところが発行しており、履歴書にも書ける資格です。合格すると顔写真付きの乗馬ライセンス認定カードが発行されます。初心者~中級者に関しては「乗馬5~3級」あたりを狙う程度で十分でしょう。では、それぞれどのような基準があるのでしょうか。

乗馬5級

乗馬のライセンスの中でも初級レベルの難易度です。乗馬5~4級ライセンスに関しては、基本的な動作ができるかどうかがポイントになってきます。また、実技の他に筆記試験もあります

5級ライセンスに関して基準となるものは以下のようなポイントが挙げられます。

  • 馬の乗り降りができる
  • 正しい姿勢で馬を歩かせたり停止させたりできる
  • 指定された範囲で軽速歩ができる
  • 合格率:99%
  • 取得にかかる費用相場:2万円~
  • 所要日数:3日間

筆記試験では馬体の名称や馬の手入れ方法などが出題されます。

乗馬4級

4級ライセンスに関しては基準となるものは以下のようなポイントが挙げられます。

  • スムーズに歩かせたり止まらせたりできるか
  • 馬を90度に方向転換できるか
  • 正しい姿勢で速歩運動ができるか
  • 合格までの鞍数:50鞍程度
  • 取得にかかる費用相場:12万円~
  • 所要日数:8~10日間

筆記試験では、馬の毛色の区別やバグの名称、初歩的な号令などが出題されます。

乗馬3級

3級ライセンスに関して実技の基準となるものとしては、5~4級の馬術を踏まえた上での軽めの駆け足や常歩などの技術を見られます。また、地上横木の通過などもポイントとなります。
筆記試験に関しては5~4級の知識に加えて蹄(ひづめ)の名称馬場運動の図形などが出題されます。

  • 合格までの鞍数:100~200鞍
  • 取得にかかる費用相場:スキルによって様々。通常は1鞍30分の練習で5,000円程度。

エンデュランス1~3級についてはこちら

障害1~3級ライセンスについてはこちら

馬場馬術1~2級のライセンスについてはこちら

ページのトップへ