初心者~中級者の方のための乗馬クラブガイド【関東編】

馬の感情を読み取ろう

馬の感情を読み取ろう

乗馬をはじめたばかりの人や、これから乗馬体験をしてみようと思っている方へ、知るともっと楽しくなる、馬の気持ちの読み解き方をご紹介します。馬は大変記憶力の良い動物で、十年前に信頼関係のあった人間のことも覚えていると言われています。乗馬の上達のためには、馬との信頼関係も大切な要素になります。ここでは、奥深く、愛すべき馬の感情の読み取り方をご紹介します。

馬の耳を見て感情を読み取る

馬の耳を見て感情を読み取る

馬の耳は、10種類の筋肉で左右別々によく動きます。人間が馬の感情を読み取るのにも大変役立ちますので、馬が今どんな気持ちになっているか知るためにも、覚えてくださいね。

【耳を前に向けている】
何か気になるモノの様子を伺っているか、平常心の状態です。
【耳を横向きに伏せている】
リラックスしているか、もしくは体の調子がわるい状態です。
【耳を左右バラバラで動かす】
不安、または怒っている状態です。
【耳をしぼって後ろに倒す】
余裕が無い時や、敵意・警戒心がある状態です。

馬は目でもしゃべる

馬は目でもしゃべる

馬の目は、哺乳類で一番大きく大変視野が広いため、真後ろ以外の全てが見えています。その視野は350度で、両目で別々の風景が見えています。訓練した馬なら、ムチで叩かなくても見せて動かすだけで走り出してくれたりするのも、このためです。馬の目は夜暗いところでも、遠くまでしっかり見えています。

また、人間と同じように目にも感情が表れます。驚いた時は、その対象物を大きく見開いた目でじっと見つめます。嬉しい時は、人間と同じように目を細めて喜びを表します。目の表情の変化は、人間と似ていますね。

馬が笑う?馬のしぐさとは

馬が笑う?馬のしぐさとは

馬にはいくつか仕草があります。人間とは感情の表し方が異なる仕草も多くありますので、何を考えているのか読み解くためにも知っておきましょう。

【馬の笑い(フレーメン)】
馬が笑ったように見える、鼻先にシワを寄せて歯を見せる表情は、「フレーメン」と呼ばれる表情です。これは、雄馬の発情期の求愛の表情で、何かが面白くて笑っているという訳ではありません。
【前脚をかく】
馬が前脚で地面を掻いている仕草は、エサが欲しいときです。
【けろうとしているとき】
遠くにいる仲間を探したり、呼び寄せています。
【嬉しい時の走り方】
頭を上げて、尻尾を高く振って軽やかに走ります。嬉しいときや調子のいい時の走り方です。
【鼻をのばす】
ブラッシングなどで気持ちがいいときは、鼻を伸ばして目を細めます。

まとめ

馬と信頼関係を築くためには、感情を理解してあげることが重要です。人間との違いや馬の個性を理解して、馬が気持ちよく走ってくれるよう、コントロールしてあげましょう。乗馬の一番の楽しさは、馬とのコミュニケーションという人もいるくらい、馬という動物は愛らしくかわいいものですよ。

都心からアクセスの良い初心者におすすめの乗馬クラブランキング

ページのトップへ